派遣社員は収入がある以外はニートと正社員の悪い部分のハイブリット

正社員にメリットを感じないけど派遣も・・・

aaaa

どうも!派遣も経験してあまり良いものでは無いと思っているAtusiです!
 

  
派遣社員という立場は収入があるけど、ニートと正社員の悪いとこどりをした最悪の立場じゃないかなってやってて感じましたね
 
正社員は産業廃棄物だけど、派遣社員は核汚染物質みたいなどっちも選択したくないという
 
今回の記事は、そんな派遣社員がいかに悲惨かというのを書いてみようかなと
 
 

就職以外の収入源確保!お金の自動投資関連!
 ・トライオートFX

 
お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !

手数料と利用料などすべて無料!

自分で使用して年利30%ほど出ました!

トライオートFX


当然、不要になればポイされる

そういう契約ですからね
 
正社員でも切られやすいんですが、派遣はそれよりもっと切られやすい
 
私の所属してた派遣会社も無茶苦茶な働かせ方をさせて精神や肉体に支障が出るなら即切り当たり前でしたしね 
 

 

 

ボーナスなんか出るわけがない

当然出るわけがない
 
中には出るところがあるんでしょうけど、私は見たことが無いですね

時給は高く見えますが、こういう点で差がついてきます
 

自分の労働した分が勝手にピンハネされて取られる

極論を言ってしまえば就労そのものがピンハネみたいなものですが、派遣の場合はそのピンハネ率が5~6割程ハネられます
 
流石にこのピンハネ率は異常としか思えません
 

 

正社員と同等の責任と働き方を求められる

金は自分の手元に入ってこないのに、働き方や責任は正社員並み
 
派遣だからといって仕事が軽くなるとかそんな事は無かったですね
 

正社員でも「正社員だから!」という理由で残業などを押し付けられて
 
派遣でも「雇われてるなら義務を果たせ」と言われたけど、正社員を見て「あんたら程もらってないんだよなー」と思ってた
 

 

立場が弱すぎるので人権は無いものと思ったほうが良い

私が派遣をやってた時は、基本的にキツかったり、一歩間違えたら大怪我しそうな仕事ばかりでした

実際に工場で死人が出てたのは私の所属していた派遣会社の人ばかり
 
正社員登用あるとか言いながら、10年に一人あるかないかのレベルなんでほぼ無い
 

契約内容を本人への確認無しで勝手に変えるってこともありましたし、基本的に「文句があるなら辞めろ」の状態
 
 
私の話ではありませんが、3年ほど?雇用されてると正規雇用で雇わないといけないと決まっているのに、ギリギリで解雇して再雇用するとか職場もあるとか 
 
 
本当に人間扱いされていないので、社畜という表現そのものですね
 
 

社会的地位?ねぇよそんなの

ローンが組めなかったり、場合によってはカードが作れなかったり
 
結婚するときに派遣だと相手の親から反発を食らうという話は聞きますね
 
 
派遣だった時は親戚連中の「正社員じゃないの?」って鬱陶程度ですが、人によってじゃコレって相当苦痛なんだろうなぁと
 

終わりに・そんな底辺の立場からはさっさと抜け出すべき

多分私が行った派遣が酷いのもあるんでしょうけど、派遣も良いものでは無いと感じましたね
 
派遣か正社員かって言われたらどっちも嫌だけど、まだ正社員選ぶかもしれません
 
 
一応労働をしてる分は賃金が入っては来ますが、「ニートの社会的地位の無さ」と「正社員の労働環境の悪さ」だけを抽出して合成した最悪のポジションだなって感じましたね
 
中には良い派遣もあるとは思いますけどね・・・
 
 
少なくとも甘いものが何にも無いので、完全に割り切って月給だけ稼ぐのであればありかもしれませんが、一生コレだけってのも正社員以上に危険と感じました
 
止む終えずなったのなら仕方ないかもしれませんが、好き好んで派遣をやる必要は無いですし、派遣になったら脱出するために行動を起こす必要がありますね
 

  
  
今のご時世はフルタイムで働いても生活保護を下回り、法律を無視するクズのようなブラック企業が数多く存在します
 
そんな働く価値のないゴミ企業を避け、自分自身の生涯賃金を上げるための指導を行う就活塾です
 
オンラインでサポートを受けれるので交通費や時間なども節約出来、今のご時世ならコロナ対策にもなります
 
上場企業に内定が出なかったときに全額返金保証制度があるので、まずはこちらに無料で相談してみてはどうでしょうか?



 

就職以外の収入確保!資産自動運用

お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !
 
手数料と利用料などすべて無料!
 
自分で使用して年利30%ほど出ました!

 


トライオートFX

おすすめの記事