時計をチラチラ見て気にする仕事はやめるべきだと断言する!

本当にこういう仕事はとっととやめたほうがいい職場の特徴

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事をしていて「早く終わらないかなー」と思って時計を何回も見てしまうということをやっている人って多いんじゃないでしょうか?
 
私自身もかつてライン工をやっていた時にそういうことがありまして、全然進まない時計に針に絶望やイラつきを感じていたことがあります
 
 
結果から先に言ってしまうと、時計の針を気にして仕事をするような環境ってのは自分にとって害しかなく、とっととやめたほうがいい環境であると強く断言できます
 
今回は時計を見ながら仕事をするような会社はどうして辞めるべきかということについて実体験より感じたことを記事にしていこうかと!

就職以外の収入源確保!お金の自動投資関連!
 ・トライオートFX

 
お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !

手数料と利用料などすべて無料!

自分で使用して年利30%ほど出ました!

トライオートFX


時計を気にしている時点で絶望的に仕事が向いていない

まず一番最初にぶっちゃけてしまいますが、時計の針を気にしている時点で仕事が向いていない証拠です
 
自分の中で嫌気が指しているからこそ時計を気にしてしまうわけで、嫌だと感じている時点で自分の中で割に合わないゴミみたいな仕事だということに気が付いているのです
 
 
本当に向いている仕事って、仕事に没頭できるので時間が気になりませんし、そのような仕事って「気が付いたらもうこんな時間か」って感じのことが多いのです
 
 
私自身も時計をよく見ていた仕事というのは、本当に嫌いな仕事ばかりでしたし、やってて「何のために生きてるんだろう?」って感じることが本当に多かったです
 
適性が完全にないようなことだからこそ苦痛を感じてしまい、時計をしょっちゅう見るということになってしまっています

 

体感時間がものすごく長く感じるので苦痛が半端ない

そういう嫌な仕事って「早く終われ・・・!」と思いながら時計を見て、体感1時間は頑張ったかな・・・と思っても実際は5分も進んでいなかったりして苦痛を受ける時間がすごく長く感じます
 
自分の中での体感時間というのは中々他人には理解されにくいですが、楽しい一日って本当に時間があっという間に過ぎるように感じますし、逆に苦痛を伴うことなら時間の流れが遅くなってしまいます
 
 
自分に向いている仕事と、そうでない仕事というのは、体感時間換算で向いている仕事では8時間が1時間程度に感じたり、逆に苦痛を感じる仕事では5分が1時間に感じたりと大きな差があり、私自身の感じ方ではざっくり計算で3840倍もの体感時間差がありました
 
向いている仕事の負担が少ないというのは、体感時間での実際に働いている時間が短く感じるというのも要素のうちの含まれており、確かに同じ作業だとしても1時間やるのと4000時間もやるのとでは全然消耗具合が違うでしょう
 
 
ちょっとオカルトじみた話になりますが、人間の体感時間というのは脳内の伝達物質の量が関係しており、いやな状況や過酷な状況や死にかけ寸前というピンチの時にそれらから脱却する方法を過去の経験から探そうとするために時間が遅く感じるということがあるみたいです
 
よく事故にあったら周囲がスローに見えて走馬灯が見えるというのもその現象の一番強いやつですし、体感時間が遅いということはその状況から抜けるべきだということが脳からの信号で警告している証拠なんですよね 

完全に仕事をやっているのではなく時間が過ぎるのを待ってるだけ

そしてそういう仕事ってのは、完全に時間が過ぎるのを待っているだけで、仕事をやってるのではないといってもいいのです
 
ぶっちゃけそんなのを続けていたとしても無駄だと断言できますし、いつ切られるかわからないというリスクも存在します
 
 
切られることを前提でそういうことを思っているのであれば別に全然問題ないといえますが、今後は確実に雇用の幅が狭まると感じるので、ぶら下がり族もなかなかきつい時代になってきます
 
 
後はそうなるのは会社の環境が動くと損するという仕組みもあり、それにあきらめてしまっているということもあって、そういう意味でもとっとと見切りをつけたほうがいいでしょう
 
やる気を引き出す仕組みがない時点で今後の会社というのはどんどん沈んでいく一方になりますし、自分よりも会社に問題があるということが多いです
 
 
早い話がブラック企業だからこそ会社や仕事に嫌気をさしてしまっているという可能性も高く、そういった意味でもとっとと脱出するべき環境であると強く断言します
 

終わりに・本当に向いてる仕事は時計の針が気にならない!

それであれば自分自身が時間を忘れるほどのことを仕事にしたほうがいいですし、本当に向いている仕事というのは終わるのを待つのではなく時間にある意味では追われる環境に感じるので、そういった意味で体感時間が少なく負担も少ないです
 
個人的には調理師をやってた時は自分の中で本当に向いていた仕事だと感じましたし、そういう仕事は時間がむしろ足りないくらいに感じたので、始まりから終わりまでがあっという間に感じました
 
 
そういった仕事が世の中には探せばあると言えますし、時間を気にして毎日消耗する仕事をするくらいなら、消耗している分をよりよい環境を目指す方向に使うべきであると言えます  

  
  
今のご時世はフルタイムで働いても生活保護を下回り、法律を無視するクズのようなブラック企業が数多く存在します
 
そんな働く価値のないゴミ企業を避け、自分自身の生涯賃金を上げるための指導を行う就活塾です
 
オンラインでサポートを受けれるので交通費や時間なども節約出来、今のご時世ならコロナ対策にもなります
 
上場企業に内定が出なかったときに全額返金保証制度があるので、まずはこちらに無料で相談してみてはどうでしょうか?


 

就職以外の収入確保!資産自動運用

お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !
 
手数料と利用料などすべて無料!
 
自分で使用して年利30%ほど出ました!

 


トライオートFX

 

おすすめの記事