会社でボランティア活動を強要される職場は逃げるべきブラック企業だ!

ああいうのに力を入れてる職場って本当にカスみたいな職場しかないですね

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
たまに会社を見ると「社会貢献に取り組んでいます!」みたいな感じでボランティア活動をやってる会社を見かけることって多いと思います
 
しかしああいう行動って本当はやりたくもないのにやらされているというケースがほとんどで、実際はほとんど拒否権がないので渋々・・・という感じじゃないかなと思います
 
 
社会貢献なんぞ働いて税金納めたらそれだけで十分と言えますし、それ以上に時間を奪われるとかはっきり言って異常なんですよね 
 

私自身もかつてはそういったことをやっていた職場にいたことがあるのですが、はっきり言って今すぐにでも辞めるべきゴミカス底辺だなって感じました
 
ぶっちゃけボランティア活動やってる職場ってブラック企業しかないと思っていますし、労働者目線で見ればろくでもない職場しかないのです
 
 
今回はボランティア活動とかやってる企業にはまともなところはないブラック企業のみだということについて記事を書いていこうかと!
 

就職以外の収入源確保!お金の自動投資関連!
 ・トライオートFX

 
お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !

手数料と利用料などすべて無料!

自分で使用して年利30%ほど出ました!

トライオートFX


ボランティア活動はほぼ強制で拒否権がない

私自身も会社からボランティア活動の参加を要請された経験がありますが、実際にはあれは拒否権が全くありません
 
拒否を行えば人格否定やら、職場内で村八分や、密室で参加すると言うまで説教をかまされるということで、何としてでも首を力づくでも縦に振らせようとしてきます
 
 
そもそもボランティア活動なんてのは余力があるやつが好きにすればいいだけの話なんですが、会社がやってるボランティアってのはそのままだと誰も参加しないのでこうやって無理にでも参加させているというケースが多いです
 
これが業務内容で業務時間にやるならわからなくもないですが、ボランティア活動ってのは基本的に仕事が終わった後や休日など仕事じゃないときにやらされるということが多いです
 
 
私自身もボランティア活動がある会社に居た時に、わざわざ休日に呼び出されて半日つぶされた事もありましたし、今後は嫌だと言ったら「社会貢献がー」とか言われて何時間も説得されましたしね
 
そのまま拒否をすれば翌日からは「みんな嫌なことでもやってるのに協調性がない」とか言って村八分になったこともありました
 
 
拒否権があるというのは、拒否したところで何の問題もないという状態のことであり、会社と労働者という力関係を利用し、参加しないことで何か不利益を被らせるというのは誘導付きの強制みたいなもので、はっきり言って卑怯なんです
 
ボランティアがある会社というのは、明るい企業イメージの裏でこういったどす黒いもので従業員を不利益による脅迫で無理矢理従わせていることが多いですね
 
 

 

任意という名の強制で無償で働かされる

そしてこうした事実上の強制であっても、命令したわけではないので任意ということにされてしまいます
 
業務命令であれば会社は給料を出さないといけないのですが、ボランティア活動に関して自発的に行ったということと、会社の労働ではないということであれば給料を出さなくていいということになっています
 
しかも仮にボランティア活動の最中にけがをしても仕事じゃないので労災を出す必要がないという、企業から見ればほぼノーリスクで人をこき使えるのです
 
 
これはもうかなりアウトに近いグレーなんですが、事前に録音でもしていない限りは証拠も残りませんし、あとから言った言わないの水掛け論になったりして証明が困難なので泣き寝入りすることになります
 
実質的な強制でも「お前が自分から志願したんだろ?」って言われてしまえば終わりです
 
 
そうした状況で貴重な時間をつぶされた挙句、無償で拘束されるということになり、はっきり言って丸々大損するということになりかねません
 
会社だってお金で個人の時間を拘束しているのに、その事実上の強制で拘束を行ってるのにも関わらずお金を出さないというのはブラック企業のやり手口以外の何物でもないです
 
 

無償で時間を拘束されても自分自身にはメリットはない

そしてボランティア活動をすることで自分に何か得があるなら、それを時間と天秤にかけてやる価値があると思えばやったらいいです
 
しかし実際には無償で時間を拘束されたのにも関わらず、自分には何のメリットもないといえます
 
 
会社がボランティア活動をよくやりたがる理由として
 
 
・企業イメージの向上
 
・労働者を無償でこき使うための下地
 
 
この二つの両方が複合していることが多く、労働者から見れば丸々大損といえます
 
 
前者に関してはボランティア活動をやったところで個人の名前なんか知ったこっちゃないですし、〇〇の会社の人って感じで会社のイメージしか付きません
 
後者に関しては無償でこき使うために労働者同士を相互監視させ、いやなことからお互い逃げ出さないように鎖でつなぐような行為です
 
ボランティア活動から逃げようとすると「みんな嫌なことでも我慢しているのに!」ってしゃしゃり出てくるバカがまさにそれですね 

 
会社ってこういうボランティア活動を無理やりやらせて「社会貢献に見返りを求めるな!」みたいな感じで奉仕が崇高なものだと押し付けてくることが多いのですが、そんなもんは知ったこっちゃありません
 
むしろ一方的に得をしているのは会社側であり、利益がない労働者視点ではそんなものを受け入れる必要性は一切ないといえますね
 

終わりに・人を無償で拘束しようとするクソブラック企業はやめるべきだ!

はっきり言ってボランティア活動がある会社というのは、任意という名の強制で無償で時間を拘束しようとするブラック企業しかありません
 
世間から見れば美談に思えるかもしれませんが、当事者から見れば何の利もないどころか、デメリットだけ押し付けられているだけなんです
 
 
さらに無償で人を使っていい顔をしたいって思う会社って100%絶対にほかの面でもブラック要素があります
 
ブラック行為ってゴキブリのごとく一つでもあればほかにもたくさんあると言えますし、一つゴミ要素がある会社はどれだけ後にあっても気にしないのです
 
命令すれば違法だとわかっているからこそ、遠回しな事実上の強制で抜け道を作っておきますが、それを強いることで労働者がどう思うかということまで頭が回らないバカ会社の特徴です
 
 
そういったバカ会社は合法とか違法とか言う以前に、働き続ければ自分自身には損しかないブラック企業であるといえるので、もっとまともな環境を探すべきです

  
  
今のご時世は自分に何かスキルが無いとブラック企業に足元を見られて搾取され続ける時代です
 
ブラックから脱出はしたいけど何かスキルが欲しいという方は未経験からでも挫折させないサポートが充実のプログラミングスクールで技術を身に着けてみてはどうでしょう?
 
とりあえずまずは無料で話が聞けますし、学習後は転職・就職のサポート付きです
 

 

 

 
 

おすすめの記事