こういう職場は経験上かなり危険

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事をしていて、休みの日なのに電話が職場からかかってくるということを経験したことがある人は多いと思います
 
それも緊急の用事ならわからなくもないのですが、大体が仕事の話ばかりであり、せっかくの休みの日が全然休んだ気にならなくてうんざりするということになるんですよね
 
 
かといって出なければ出ないで上司から「なんで電話に出ないんだ!」と休み明けに怒られるという理不尽を感じることになりかねません
 
 
結論を言ってしまうと、こうした休日に電話がかかってくる職場は例外なくやめるべき底辺のクソごみブラック企業であると確信をもって断言できます
 
はっきり言っていやな思いを我慢する必要は一切ありませんし、そのような労働環境であればとっとと次の職場を探したほうがいいと言えるのです
 
 
今回は休みの日に電話がかかってくる職場はどうしてブラック企業かということについて記事を書いていこうかと!
 

就職以外の収入源確保!お金の自動投資関連!
 ・トライオートFX

 
お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !

手数料と利用料などすべて無料!

自分で使用して年利30%ほど出ました!

トライオートFX


賃金をもらっていない時間は仕事ではない

ブラック企業のクソ上司は「会社に属している以上は休みの日だろうと仕事のことを第一に取り組め」なんて言ってきますが、最初にぶった切っておくと賃金をもらっていない労働時間から解放された時間には仕事のことというのは一切やらなくていいのです
 
仕事の対応ということであれば、もちろん仕事の範疇に入るものであり、休みというのはそれらから完全に開放されていないといけない状態なのです
 
 
労働基準法でも37条の1項に
 

第三十七条 使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。ただし、当該延長して労働させた時間が一箇月について六十時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の五割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

昭和二十二年法律第四十九号 労働基準法
 
と書かれており、休みの日に仕事のことをやらせるのであれば、割増賃金を払わないといけないのです
 
 
そして休日に電話をかけてくるような無神経なブラック企業は、例外なくこういうことを無視して賃金を払おうとしないのです
 
中には何かしらの手当てを用意している会社もありますが、ぶっちゃけその手当ての割に合うようなことは残念ながらないでしょう 

 
仕事というのは組織に属しているとかではなく、賃金をもらって拘束されている時間だけやればいいということですし、そうでないときはやる必要がありません

 

会社の言い分を聞くと大体が答えになっていない精神論ばかり

それでも無賃金で休日に電話をかけてくるバカ上司の言い分を聞いてみると
 
 
「組織にいる以上は休みの日も仕事だと思え」
 
「休みの日は電話に出ないとか甘え」
 
「仕事に対してやる気がないからそんな発言が出るんだ」
 
 
という感じで、明確な納得のいく回答というものは一切なく、むしろこっちを非難することしかありません
 
先に言っておきますが、向こうからどのように非難をされたとしても、おかしいのは会社側であり、労基法を守ってない犯罪者は何を言おうが聞く耳を持ってやる必要がないのです
 
 
実際のところ、上司側も薄々はおかしいと思いつつも、ちゃんとした理由が実際にはないのでこういう精神論でごり押しするしかないということなのです
 
ぶっちゃけ休みの日にも仕事をやらせようとするようなゴミ会社であれば、対応したところでメリットは何もないですし、やる気もゴリゴリそがれていくだけでしかないです

例外として仕事以外の緊急の用事は出てもいい

例外としては会社側からよっぽどの緊急の用事である場合は出てもいいと思います
 
そういう時は大体は何度も電話がかかってきますし、どこかで留守番電話のメッセージが入ってることでしょう
 
 
私がかつてあったのは、職場で同僚が風呂場で心臓発作を起こし、運悪く意識がないまま浴槽に頭から突っ込み、そのまま死んだということを聞かされました
 
さすがにこういう大事であれば緊急の電話を入れるのも非常識ではないと言えますし、こうしたことでなくても本当に緊急な電話は仕方がないと思います
 
 
例外としてこれも最初の1回こっきりにしたほうがよく、その最初の一回で仕事に関しての電話を何度も鳴らしてくるような職場であれば、今後は一切休日には対応しなくていいと言えますね

終わりに・休みの日なのに電話をかけてくるブラック企業は今すぐやめるべきだ!

休みの日は完全に仕事から解放された状態であり、そこで電話を受けてやる必要性というのはありません
 
休み明けに上司が怒鳴り散らそうが呆れようが知ったことではないのです
 
 
むしろ休みの日でも労働から解放させず、無償で仕事のことをやらせようとする職場が無神経と通り越してブラック企業の犯罪者といっても全く過言ではないのです
 
そのような職場は労働者の時間ということに対して悪い意味で無頓着であり、無償早出や残業や休日出勤なども平気でやらせる傾向が強いのです
 
 
よって休日でも電話がかかってくるような職場は今すぐにでも辞めるべきブラック企業の特徴であり、一切の我慢は必要なく、とっととまともな環境を探したほうがいいのです

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
まともな職場であれば緊急時以外は電話をかけてこないことが当たり前であり、それが当然のことなのです
 
よってまともではない会社はそもそもいる価値がないので、そんな底辺のゴミみたいな環境から抜け出して良い職場を探すためにもぜひどうぞ!

就職以外の収入確保!資産自動運用

お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !
 
手数料と利用料などすべて無料!
 
自分で使用して年利30%ほど出ました!

 


トライオートFX

おすすめの記事