コピー機の待ち時間まで仕事を詰める会社はブラック企業の特徴だ!

こういうことを指示する会社の余裕のなさはガチ

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事をやっていていくつか資料をコピーする場面ってあると思います
 
そして資料をセットしてコピー完了まで待っていると後ろから
 
 
「コピー機のお守りなんかしてても何もかわらんだろう!」
 
「そんなぼさっと突っ立ってる暇があるなら別の仕事をしろ!」
 
「何もしないとかコスト意識のない給料泥棒だ!」 

 
などと怒られたことがある人ってもしかしたら私以外にもいるんじゃないかなと・・・
 
私自身は過去には様々な会社で言われた経験があるのですが、こういうことを言う会社のブラック企業さというのはガチであり、ぶっちゃけとっとと辞めるべきバカ会社の特徴であると強く断言できます
 
 
今回はコピー機の時間すら待てないような会社はどうしてブラック企業なのかということについて記事を書いていこうかと

就職以外の収入源確保!お金の自動投資関連!
 ・トライオートFX

 
お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !

手数料と利用料などすべて無料!

自分で使用して年利30%ほど出ました!

トライオートFX


コピー機の完了を待つ時間でできることは知れている

まずコピー機の完了時間ってのは、刷る枚数にもよりますがそんなに時間ってのはかかりません
 
何百、何千とコピーするのであれば話は別かもしれませんが、ふつうはそこまですることもそんなにないのです
 

時間に換算して長くてもせいぜい2~3分で終わるような時間であれば、その間にできることってのは非常に限られています
 
下手すれば特定の場所に行って戻るだけでも、それくらいの時間がかかりますし、何もできないなら待ってたほうがまだましってことも決して少なくありません
 
 
そんなわずかな時間でも何か作業をしろってのは割と無茶苦茶な話ですし、会社で共有で使ってるコピー機なんてのは空いたらまた別の人が使うので、さっさと出来上がったものを回収したほうが全体的にもプラスになることがありますし、目先のことに囚われて結局は全体の効率を落としてるだけのバカ会社の特徴なんですよね

 

わずかな時間にも作業を詰めるほど余裕がない会社の証拠

そして上記にも書いたように、わずか数分の時間ですら作業を詰める会社を見てみると、本当に様々な意味で余裕がありません
 
 
一番多いのは利益がないからこそ賃金面を切り詰める方向であり、それが作業時間の無駄を徹底的に絞り出すような行動になってることが多いです
 
確かに無駄な作業はしないにこしたことはありませんが、それでも物事には限度があり、ぶっちゃけこれはやりすぎの範疇に入りますし、作業効率と体力の計算をしたら圧倒的に損のほうが大きいのです
 
 
こうした会社はちょっとでも手を緩めると、がちがちに重箱の隅をつつくように怒られてしまい、会社そのものにかなり余裕がないので常に不必要な緊張があり、無駄に疲れます
 
短期的には利益が出せるのかも知れませんが、確実に長期間は持たないですし、はっきり言えば短距離走のペースをずーっと強いられるような会社なのです
 
 

無駄な疲弊をして結局全体の効率が落ちてることに気が付いてない

無駄を絞るというのは一見するといいことですが、実際にはちょっとした余裕に軽い休憩をはさむってのは意外と効果的なんですよ
 
コピーの合間だって背伸びの一つでもすれば少しは体力回復ができますし、そういったゆとりをなくすというのは、しなくていい無駄な疲労を重ねるだけです
 
 
そんなことにも気が付いてないので、作業効率が落ちる一方でありながら「落ちてるのはたるんでいるからだ!」などと真逆のことを言って消耗し続ける会社が多いですね
 
 
コピー機の待ち時間というわずかな合間休憩くらいはあってもいいものを、それを詰めるのは無駄を省くのではなく、必要なものすら削るような行為です
 
ダイエットでいえば脂肪を落としてるように見えて実は筋肉をそいでるようなものだったりしますし、そうすると後から弊害が出るのを同じことなんですよね
 
 
間違いなくそういった会社は消耗が大きく、作業効率が落ちるので稼ぎも悪い傾向が強いです
 

終わりに・理不尽なほど過剰に詰める会社は辞めるべきだと断言する!

はっきり言ってコピー機の待ち時間を詰めるってのは、無駄を省くのではなく、過剰なほど理不尽な締め上げでしかありません
 
またこれの厄介なところは、当事者になると一見正論を言われている錯覚に陥り、反論できずにもやもやしたものを抱え込むというのもストレスがたまりやすいのです
 
何かおかしいのはわかるけど、何がおかしいのかわからないって感覚になりやすいなと自分でなってみて感じました
 
 
そんなわずかな余裕すらない会社は、居てても無駄にしんどいだけであり、そのくせやってることはみみっちいので利益がどんどん落ちていき、それを維持するのにブラック企業になってしまうケースが多いのです
 
私自身の経験上ではその程度の余裕すらない会社は働く価値のないクソ環境なので、そういう職場に遭遇したらやめてしまってもっとまともな職場を探したほうがいいのです

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
まともな会社ほどわずかなゆとりの重要性を理解していますし、無駄に理不尽に詰めることがないのです
 
そういうがちがちにしてても結局は作業効率が落ちるだけというバカ行為に気が付かない会社はこっちから見捨ててまともな会社を探すためにもぜひどうぞ!

就職以外の収入確保!資産自動運用

お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !
 
手数料と利用料などすべて無料!
 
自分で使用して年利30%ほど出ました!

 


トライオートFX

おすすめの記事