残業断ってでクビになる会社は解雇されたほうがいいと断言する!

こういう会社はとっとと辞めてしまったほうがいい

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
勤め人の大半の人が大嫌いであろう残業というものについてですが、拒否権が事実上なくやむ負えずやらされているという人は多いと思います
 
であれば中には鋼の意志や開き直って残業を拒否するという人も最近は出てきつつありますが、残業を断ることで解雇になるという会社も珍しくなく、裁判事例でもなかなか意見が分かれますが半々くらいの割合で残業拒否は解雇理由になるということになっています
 
 
結論から言ってしまうと、残業を拒否して解雇になるような職場であれば、とっとと解雇されてしまったほうがいいと確信をもって断言できますし、過去にはそういう職場にいたことがありますが、はっきり言って職場のほうがバカだと断言できます
 
今回は残業を拒否して解雇になる職場であればどうしてとっととやめてしまったほうがいいのかということについて記事を書いていこうかと!

就職以外の収入源確保!お金の自動投資関連!
 ・トライオートFX

 
お金を入れてから設定して放置で相場に合わせて自動で売買 !

手数料と利用料などすべて無料!

自分で使用して年利30%ほど出ました!

トライオートFX


そもそも残業というのはないことが当たり前である

そもそもの話なんですが、残業というのは本来であればないことが当たり前のものであり、そんな本来あってはないものをしなければならなくて解雇されるというのはどう考えてもおかしいのです
 
会社が残業をしなくて済むように、人員配置や仕事の調整などをしておかなければならないというのに、その責任をすべてほっぽり出して労働者に擦り付けているということなんですよね
 
 
残業を拒否して解雇される・されないという話ではなく、そもそも最初から残業ありきというのがおかしな話なのです
 
仮に突発的なもので本当に回避できないものであれば仕方のないことかもしれませんが、常に毎日何時間も残らないといけない状態というのは、はっきり言って会社の怠慢であり、そんなことは労働者の知ったことではありません

 

人手が足りないのに更に人手を削ろうとする愚行

ここで残業拒否で解雇しようとする会社がバカ’だと断言できる理由は、残業がある会社というのは常に人手が足りていない会社であることが多いです
 
そんな猫の手でも借りたいような状況であるのにも関わらず、人を減らそうとする行為が完全に自分から自殺しに行ってるような行動であり、この辺りが完全に頭が悪いと断言できるのです
 
 
そういう会社の言い分として「勝手に帰るやつのせいで士気が下がる」とか言ってくることが多いのですが、裏を返せばその会社は完全に自分から畜産物になってる社畜のたまり場ということであり、会社の不当行為などがあっても従う従順な奴隷ばかりであり、内側から変わることは絶対にありません
 
 
むしろ行うべき行為は、人を辞めさせるよりも人の確保を行い、全体で残業しなくていいように会社がするべきなのですが、そういうことを絶対に行わないという意思の表れでもあるのですよ

報酬ではなく懲罰で人を従わせようとする会社だということ

そして残業拒否で解雇をちらつかせる会社を見ていると、報酬を上げてやる気を引き出すということを絶対にしません
 
勤め人であれば職を失えば収入を途絶えさせるという、最大の命綱を使って、解雇という最大の脅迫を行って人を従わせようとしてきます
 
 
こうした懲罰で人を従わせようとする会社というのは、長くいればいるほど損を押し付けられるだけであり、労働から見た報酬も減っていくことになります
 
そもそもこの記事を読んでるような時点で、仮に残業をやったとしても基本給が低く設定されており、旨味がないからこそ嫌気がさしているという証拠であり、待遇がいい会社とはお世辞にも言えません
 
むしろ残業による割増賃金においしさを感じるのであれば、自分から率先して取り組むはずですからね
 
 
そのような会社を辞めずにいることで、完全に会社の言いなりになってしまい、悲惨な待遇を脅迫によってどんどん悪くされるだけのブラック企業であり、とっとと見切りをつけないといつまでたっても会社に利用しつくされてしまうだけなのです
 

終わりに・残業拒否で解雇なら会社都合でむしろ好都合だ!

そういうわけで残業拒否で解雇というのは、本来は会社側に落ち度があるのにも関わらず、それを労働者に擦り付けてくるような最低のごみ会社という証拠なのです
 
それに伴い解雇されたとしても、会社都合で辞めさせられることになりますし、自分は失業保険を早く受けつつ、会社は求人に何かしらのペナルティがかかるのではっきり言っておいしい状況といっても過言ではありません
 
 
そして、解雇が脅しとして通用してしまうのは、収入源というのと次に行く会社の目星がついてないということであり、それらがしっかりあれば解雇が脅迫材料には全くなりません
 
そんなブラック企業はとっとと見捨てて、裏でまともな会社を探していつでも辞めても問題ないようにして対策を取るべきだと断言します

  
  
今のご時世は自分に何かスキルが無いとブラック企業に足元を見られて搾取され続ける時代です
 
ブラックから脱出はしたいけど何かスキルが欲しいという方は未経験からでも挫折させないサポートが充実のプログラミングスクールで技術を身に着けてみてはどうでしょう?
 
とりあえずまずは無料で話が聞けますし、学習後は転職・就職のサポート付きです
 

 

 

 
 

 

おすすめの記事